新着サイトマップはこちら!

【Mac】キーボードショートカットを覚えてブログの文字入力を速めよう!

このページではMacユーザーに向けた、

テキスト入力に関連するキーボードショートカットについての紹介をします!

定番から頻繁に使うものをまとめて表にしてみました!

WordPressでのブログ更新(ビジュアルモード)やWordアプリなどで、「入力を早くしたい」「少しでも手間を省きたい」人はぜひ実践してみてみて下さい(*´∀`*)

補足
WordPressのビジュアルモード入力のショートカットも含めてまとめています。
Mac用Wordやメモアプリなど通常テキストの入力でも使用可能ですが、OSのバージョンやアプリケーションによっては一部無いものもあります。

※下部解説アリ

文字入力関係に役立つショートカット一覧

⌘ = command

⌘ + C コピー
⌘ + X 切り取り
⌘ + V ペースト
⌘ + Shift + V 特殊ペースト
⌘ + S 文章を保存
WordPress:下書きとして保存
⌘ + F ページ内文字検索
⌘ + スペース かな→英字切り替え
Shift押しながら入力 英字入力:大文字
かな入力:カタカナ
caps lockをオン 英字入力で常に大文字
⌘ + A 全て選択
Shift + ↑↓←→ 部分選択
Control + Option + 2 見出し2
Control + Option + 3 見出し3
Control + Option + 4 見出し4
Control + Option + 7 段落
Control + Option + Q 引用
⌘ + B 太字
⌘ + I 斜め文字
⌘ + U 下線文字
⌘ + K リンク挿入
Enter 改段
Shift + Enter 改行

テキスト入力用ショートカット解説

コピー「⌘ + C」

選択した文字をコピーします。

切り取り「⌘ + X」

選択した文字を切り取ります。

コピーとの違いは、

コピー 切り取り
選択された文字 残る 残らない

ペースト(貼り付け)「⌘ + V」

コピーもしくは切り取りをされたテキストをペーストします。

テキストを選択した状態でペーストすると、上書きになります。

URLをコピーした状態で選択したテキストにペーストした場合は、リンク付きテキストになります。

特殊ペースト「⌘ + Shift + V」

貼付ける場所のテキストのスタイルに合わせてペーストします。

WordPressのビジュアルモードやテキストエディターによっては、通常のペーストだとコピーした文字の装飾も反映されてしまいますので、スタイルが合わせられる特殊ペーストはとても便利です。

保存/下書きとして保存「⌘ + S」

テキストを保存します。

WordPressでは、公開前は下書きとして保存。公開後は更新になります。

ページ内文字検索「⌘ + F」

ページ内の検索になります。

かな英字入力切り替え「⌘ + スペース」

かな英字入力の切り替えになります。※正確には一つ前に使用していた入力モードに切り替えます。

⌘を長押しした状態でスペースキーをポンと押すと現在可能な入力が一覧で表示されます。スペースキーを続けて押すと切り替えが可能です。

Macでは、「ひらがな」「英字」の他にも、「カタカナ」「半角カタカナ」「全角英字」「アイヌ語」の切り替えが可能です。入力設定は、

環境設定 → キーボード → 入力ソース 

から追加可能です。※バージョンによる

英字入力→大文字/かな入力→カタカナ「Shift押しながら入力」

シフトキーを押した状態で入力すると、押している間のみ下記に変化します。

英字入力 → 大文字
かな入力 → カタカナ

英字入力で常に大文字「caps lockをオン」

caps lockもしくはcapsをオンにすると、英字入力で常に大文字になります。

この動作は自分の好みに変更することが可能です。

環境設定 → キーボード → 入力ソース 

から追加可能です。※バージョンによる

全て選択「⌘ + A」

テキストを全て選択状態にします。

部分選択「Shift + ↑↓←→(矢印キー)」

カーソル部分からテキストを部分的に選択可能です。

見出し1「Control + Option + 1」

カーソル部分の行のスタイルを見出し1(h1)に変更可能です。

※かな入力の場合は特殊文字のショートカット(√£¢∞§¶など)が適用される場合があるので、英字入力モードでショートカットを実行して下さい。

見出し2「Control + Option + 2」

カーソル部分の行ののスタイルを見出し2(h2)に変更可能です。

見出し3「Control + Option + 3」

カーソル部分の行のスタイルを見出し3(h3)に変更可能です。

見出し4「Control + Option + 4」

カーソル部分の行のスタイルを見出し4(h4)に変更可能です。

見出し5「Control + Option + 5」

カーソル部分の行のスタイルを見出し5(h5)に変更可能です。

見出し6「Control + Option + 6」

カーソル部分の行のスタイルを見出し6(h5)に変更可能です。

段落「Control + Option + 7」

カーソル部分の行のスタイルを通常の段落になります。

引用「Control + Option + Q」

カーソル部分の行のスタイルを引用に変更可能です。

太字「⌘ + B」

選択した部分、もしくはカーソルから太字に装飾します。

解除はもう一度「⌘ + B」を入力して下さい。

斜め文字「⌘ + I」

選択した部分、もしくはカーソルから斜め文字(イタリック)に装飾します。

解除はもう一度「⌘ + I」を入力して下さい。

下線文字「⌘ + U」

選択した部分、もしくはカーソルから下線文字に装飾します。

解除はもう一度「⌘ + U」を入力して下さい。

リンク挿入「⌘ + K」

選択した部分、もしくはカーソルから下線文字に装飾します。(このリンクはホームに飛びます)

その他の方法として、URLをコピーした状態で選択したテキストにペーストした場合は、リンク付きテキストになります。

改段「Enter」

改段されます。

カイダンサレマス。

改行「Shift + Enter」

改行されます。
カイギョウサレマス。

まとめ

ショートコードを覚えると、マウスとキーボードを行き来が省けるので、快適に文字入力が可能です。

覚えて損はないのでぜひ使ってみて下さい\(^o^)/

PC(chrome)で閲覧の方は⌘+Dでこのページのブックマークが可能ですよ(*´∀`*)

 

こちらもどうぞ ↓

【Macユーザー】ショートカット一覧を覚えてネットサーフィンを快適にしよう!

【Macユーザー】ショートカット一覧を覚えてネットサーフィンを快適にしよう!

WordPressユーザーはこちらも合わせてどうぞ  ↓

「Luxeritas」→「SANGO」に変えて行ったカスタマイズと参考サイト