新着サイトマップはこちら!

不登校の君!LINEのアカウントいきなり消すのちょっと待って!

わたし、いま、とっても怒ってます。怒り通り越して、悲しくもあります。

不登校の弟がLINEのアカウントを削除したみたいで、その連絡が何もなかったんです。確認したら、わたしだけじゃなくて家族も知らなかったみたいで。。。SNSやLINE、メールアドレスを変更・削除するのは別に構わないけど、主な連絡手段として使っていたものなら、話は別。

もう高校生なのに常識無いのか!?って怒り心頭でしたが、まだ未成年の少年。これを機会に親からスマホの使い方や連絡先の重要性についてしっかり話し合って最低限のルールを決めて欲しいと思ってます。

 

LINE削除したいなら最低限やって欲しいこと!

私も連絡先の整理・削除はしたことがあります。スッキリしますもん。

だから、LINEを絶対削除するな!と言いたい訳ではありません。

いきなり削除すると困る場合があるから、それを防ぐために事前に準備をして欲しいのです。

 

家族への連絡先の確認

LINEを主な連絡手段にしている場合、最低限家族には伝えて欲しいです。「なんで?」と聞かれることが嫌なのかもしれませんが、なぜ削除するか以前の問題です。もしもに備えて最低限やるべきことです。

 

災害時など緊急の連絡先を確認して欲しい

最近は、電話番号やメールアドレスを使わず、LINEを使っている家族が大多数だと思います。もし、家族が事故にあったとしましょう。災害でもいいです。緊急で連絡取りたい時、その相手が既にアカウントが削除状態だったら、連絡の取りようがないじゃないですか。

LINEを削除するつもりなら自分の電話番号と、一番身近な人の電話番号とメールアドレスは登録、出来れば暗記しておきましょう。

LINEは現代での重要な連絡手段の一つ

もしもの時は突然訪れます。

電波障害で電話が通じないことだって、人生のうちに一度くらいはあるでしょう。3.11の時なんか、全然通じなかったですよ電話。そんな時に唯一の連絡手段として、LINEならメッセージを送れる、安否確認が出来る、なんてことが今後あるかもしれません。

 

感情にまかせず、削除したらどうなるのかをまず確認する

LINEを一度削除してしまったら、取り返しの付かないものもあります。それは自分にとって重要なものではないのか、デメリットにならないのか、バックアップをとりたいものはないか、しっかり把握してから消して欲しいものです。

 

アカウントを消すと、連絡先も全て消える

アカウントを消すということは、それに紐付いた連絡先も消すということ。2度と連絡が取れない連絡先が出てきたり、アカウント復活させた時に友達ともう一度連絡先を交換しなくてはならなかったり、相手にも迷惑がかかってしまう場合もあります。

連絡を絶ちたい人がいる時は、何もアカウントを丸ごと消す必要はありません。ブロックすればいいだけなのですから。

 

その他のLINE内の全てのデータが消える

トーク履歴、友達・グループ情報、ラインコイン、スタンプ・着せ替え、ホームやタイムライン、LINE Keep、ブロックなどの設定などなど、LINE内のデータが丸ごと消えてしまいます。

 

いきなり消されたら、心配する人はいませんか?

アカウントが乗っ取られたのではないか、何か辛いことがあったんじゃないか、といきなり削除された側は心配になります。

 

LINEから離れたいだけなら削除以外の方法もある

一時的にアンインストールする

アカウントを消さずに、アプリをアンインストールという方法があります。これでアカウントを消すこと無く、通知は届かないので、連絡先などをキープしたまま、一時的にLINEから離れることができます。

ここで重要なのは、メールアドレスの登録をし、アカウントIDをメモしておくこと。トークの履歴も消えてしまうので、残したい人はバックアップをとっておけば、再インストールして履歴をインポートすれば元通りに戻ります。

ただし、アンインストール中でも相手には普段と同じように表示されているため、後々のトラブルを回避ためにも、自分のステータスに退席中など表示することをおすすめします。

 

特定の人からの連絡を遮断したい

ブロックすればいいだけです。たったそれだけで相手からメッセージも通話もくる事は無いし、タイムラインなども見られることはありません。

 

根本をかんがえてみる

どうしてアカウントを消したいのか?アカウントを消して問題は解決するのか?

ストレス社会ですから、アカウント消したい理由も様々あるでしょう。何事も衝動的にならず、冷静に理由と対処方法を考えてみませんか。

例えば、LINEでのいじめの場合、今すぐにでも消したいと思うかも知れませんが、いじめられた証拠としてメッセージをバックアップすることをおすすめします。メッセージを見たくないなら、助けてくれる存在(親や味方の友達)にお願いするのもありだと思います。

ストーカー被害にあっている場合も、証拠としてアカウントを残しておくこともできます。メッセージや通知を見たくないなら、ミュートや、アンインストールでも大丈夫です。

その他理由は様々あるとはおもいますが、アカウントを消して全てスッキリ解決するんでしょうか。他人を悲しませないし、デメリットが無いなら、解決するならいいと思います。でも、またアカウント戻したいのなら、一時的にアンインストールでもいいんじゃないでしょうか。

 

番外:連絡無しにアカウントを消された側の友達の気持ちを考えてみる

ケース1 わたしと友達A(関係は親友)

アカウントくらいって思うかもしれません。けど、わたしがアカウント消す件に対して訴えたいのは、こんな経緯からです。

わたしには小学校時代からとても仲が良かった幼なじみAがいました。部活も一緒で毎日一緒に登下校するくらいの仲良しでした。高校はお互い別の高校へ進みました。Aは高校での人間関係が上手く行かず、ストレス障害から保健室登校になりました。学校が違うものの、土日はAの家でゲームをしたり、たわいのない話をしたり交流はありました。学年が上がって自分も受験勉強が忙しくなり、なかなかAの家へ寄れなくなっていく日々が続き、Aも、だんだんと保健室登校から学校自体にも行かず、完全な不登校になりました。

当時はLINEは無く、メールやPCチャット、スカイプが主流でした。連絡を送ろうとしたら、このアドレスは存在しません、とメールが戻ってきました。あとから本人に聞きましたが、鬱だったらしいのです。この時のわたしは、Aに何かあったんじゃないかと、胸を潰されるくらいの思いで、安否を確認しにいきました。ケロっとした顔のA。事前に連絡が欲しいものです。

高校卒業後、Aも自分も上京しました。Aはわたしともう1人の仲の良い友人とたまに連絡を取り合っていました。しかし、会う約束を取り付けてもドタキャンの繰り返し、新しい連絡先を教えてもらっては絶たれるの繰り返しでした。やめて欲しいと毎回伝えるのですが、伝えたらまた連絡を断たれるの繰り返し。3回目くらいにはもう慣れてしまいましたが、やはり悲しい気持ちになるのは変わりありません。学生時代の途中から連絡のツールがFacebookやSkype、LINEに変わってからも、連絡先の削除グセは続きました。それは社会人になった現在も続いています。

どうせ消すなら何故また連絡先を教えてくるのだろうか。毎回消すときは辛くないのだろうか。色々考えてみるのですが、Aはわたしたち(わたしを含めたAが連絡先を送る人達)の気持ちを考えたことはあるのか、と考えたりもしました。

そんなこんなでもう10年以上。様々な感情が生まれては消えていきました。悲しみ・呆れ、心配、憤り、怒り。その感情のどれもがマイナスであり、毎回こんなことで悩みたくないなぁ、と、こちらもシャットダウンしてしまいたい気持ちと、大切な友達だからそれができない、どうしてもシャットダウンしたくないジレンマの間に今もなおいます。

まとめ

今、自分の唯一のアカウント(連絡先)を消そうとしている人。もしこの文章を読んでいただいたなら、必要最低限の人には事前にアカウントを消すことを伝えるか、次の連絡先を教えてあげて下さい。あなたがいきなり連絡先を消してしまって、心配に思っている人は思ったよりもいるもんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。